RE100/SBTに対応したCO2削減ソリューションセミナー

このセミナーは
終了しました。

日 程 2018年11月28日(水)
14:00~15:20(13:30開場)
講 師 株式会社ウェイストボックス 代表取締役 鈴木修一郎
ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 取締役 プラント建設事業本部本部長 有木正浩
定 員 20名
参加費 0円
会 場 新大阪丸ビル新館4階(大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目18番27号)

環境経営を目指すために~いま知っておくべきこと~
環境経営を目指す企業の皆さまへポイントを解説いたします。
 ・SBTやRE100にも対応したCO2削減方法のポイントとは
 ・再エネ比率を向上させるには?
 ・再エネ導入への投資効果を最大化させるための手法
今回は初めての大阪開催となります、ぜひご来場ください。

プログラム

13:30

受付

14:00

第一部 「SBT(企業版2℃目標)の概要」

①気候変動に関する政府間パネルIPCC 1.5℃ 特別報告書について

②SBTの概要・企業の取り組み状況

③SBTイニシアティブへの参加方法

④CDP質問書におけるSBT設定、RE100の反映の仕方

14:40

第二部 「脱炭素と投資効果を両立した3つのソリューション」

①CO2ゼロの電力供給サービスGREENa

②初期投資ゼロで自家消費型太陽光発電を導入する方法

③自家消費型太陽光を活用した総合省エネサービス

15:20 質疑応答・相談会

講師紹介

鈴木修一郎

株式会社ウェイストボックス 代表取締役

興和㈱等を経て、㈱リサイクルワン(現㈱レノバ)入社。主に資産除去債務等の環境デューデリジェンス業務に従事、その後2006年に株式会社ウェイストボックスを設立、現在に至る。なお、株式会社ウェイストボックスは”環境と経済の両立、資源循環の推進”をコンセプトに、CO2排出量の調査を主力事業としている。

有木正浩

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社 取締役 プラント建設事業本部本部長

某電力会社に入社後、土木設計コンサルティング会社に転じ、都市土木の設計に携わる。その中で、自然環境保護に目覚め、2003年に長野県に移住。当初は自然エネルギーであるマイクロ水力発電や小型風力発電に関わり、現在ではメガソーラーを中心に太陽光発電業界をけん引する。

セミナー一覧に戻る