コラム

【コラム】2020年度版CDP質問書の最新動向・ポイント解説とスケジュール

日本では、翻訳版が出るのが少し先ですが、実はもうすでに2020年版の質問書が英語版で出ています。 2019年版から2020年版ではどのような改定があったのか気になるところだと思いますので、概要を解説いたします。 ■質問数は112へ 今回の質問書では、80%がマイナーチェンジあるいは現状のままとなっています。残りの20%である4つの新しい質問…

この記事を読む

コラム

【コラム】RE100に関する2019年版年次報告書が公表されました

1月20日に2019年のCDP評価が公表され、最も高い評価Aを獲得した日本企業は、世界で179社中38社とトップのシェアとなりました。 RE100宣言企業も30社を超え、アメリカに続く勢いです。昨年(2019年)12月末にRE100の年次レポートが出ていますので、RE100宣言企業の現状をかいつまんで説明します。 2019年の新規加入者の44%はアジア太平洋地域でした。2019年に加盟…

この記事を読む

コラム

【コラム】CDP気候変動レポート・2019年度最新スコアが公表されました

CDPジャパンは1月20日に「2019年度 CDP気候変動日本報告会」を行い、2019年度の環境変動質問書の結果を公表しました。2019年度は全世界で8,000を超える企業が回答を行い、そのうちAリストの企業数は179社と上位2%となりました。なお日本国内でAリストに入った日本企業は38社となり、世界トップの数となりました。 報告会によると、高評価であった理由について再エ…

この記事を読む

コラム

【コラム】中小企業でもRE100宣言のできる新制度発足

RE100イニシアティブの加速 事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーに転換することを宣言するRE100は、昨年(2018年)、今年(2019年)と参加企業が増え続け、先日宣言を表明した東急を含めると現在26社となっています。2017年3月時点では6社でした。 【RE100に参加している日本企業26社の一覧】 建設業:旭化成ホームズ/積水ハウス/大東建…

この記事を読む

コラム

【コラム】SBTiが新基準発表:新たに1.5℃目標を設定

ひとつの目標基準から2つの目標基準へ 平成最後の月である4月下旬にSBTイニシアティブがSBT認定における新しい基準を発表しました。前回コラムでもご紹介したIPCCによる1.5℃特別報告書の内容を引き継ぐかたちで、さらに脱炭素社会をけん引する目的で実質目標が引き上げられました。 今までの基準と違うところは、2℃目標という一つの削減目標のなかで削減…

この記事を読む