お知らせ

【新着情報】環境省、中小企業ロードマップ策定などの支援を実施。参加企業を募集

環境省は中小企業のCO2削減目標達成へ向けた取り組みを支援するべく、支援対象企業10社程度の募集を行っています。

 

応募要項によると、本支援事業は、中長期の削減目標に向けた
取組可能な対策行動の可視化のためのマニュアル作成として
モデル事業化することが目的とのことで、幅広い参加企業を募集しているとのこと。

 

参加形態は下記の2種類ありますが、特にBの形態
(中小企業が大企業・金融機関・自治体等と連携して参加)での応募が優先されるとのこと。
これには大企業との連携などが含まれることから、サプライチェーンマネジメントを意識した
モデル事業の早期立ち上げを促進することが狙いであると推測されます。

情報元:環境省資料「モデル事業概要」より抜粋

情報元:環境省資料「モデル事業概要」より抜粋

 

【事業名】
令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業

 

【参加対象企業】
SBT又はSBTに準じた中長期目標(RE100等)を
設定している(検討中含む)中小企業から10社程度

 

【参加形態】
以下の2つのタイプより選択。本支援により得られるアウトプットをより
重視させる観点から、タイプBで応募した場合は、優先。(いずれのタイプも申請者は中小企業。)

・タイプA
既にSBT又はSBTに準じた中長期目標(RE100等)を設定している、
若しくは、今後設定を検討している中小企業の単独参加
・タイプB
中小企業が大企業・金融機関・自治体等と連携して参加

 

詳細は下記の環境省のページにてご覧いただけます。

この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

【情報元】環境省HP:https://www.env.go.jp/press/108475.html