前年度の削減計画に対して、
CO2削減量足りていますか?

グリーン電力証書で
CO2削減・
再エネ比率向上へ

~ESG評価対策にもご活用いただけます~

設備導入や電力切り替え不要
初期投資ゼロで
CO2削減が実現します

業界シェア25%を誇る、ネクストエナジーのグリーン電力証書

グリーン電力証書

当社は2008年よりグリーン電力証書の証書発行事業者として登録を受け、事業を展開しております。そのシェアは25%に上り、証書発行事業者として業界でも上位の発行量を誇ります。
グリーン電力証書を活用した、新電力「グリーナでんき」も多くのお客様よりお引き合いをいただいております。またESGに関する各種支援サービスも拡充しており、環境省が進める「企業版2℃目標・RE100アドバイザー」として登録されています。

※2017年度実績による

グリーン電力証書とは?

グリーン電力証書はご使用の電力をグリーン電力証書の購入だけで再生可能エネルギーと同等の電力にする仕組みです。グリーン電力証書の発行により再エネ発電所から購入者へ「環境価値」の移転が行われます。

ご購入のメリット

  1. 前年度のCO2(GHG)排出量でも過去に遡って調整(削減)することが可能です

  2. 第三者認証と明確なトレーサビリティによりCDP回答、温対法報告でCO2削減をアピールできます。

  3. 当社ならば既存の電力プランと併せて、リーズナブルにご提供することが可能です

ご購入イメージ

貴社のCO2削減目標に合わせて、必要な電力量をグリーン電力証書で充当していただくことが可能です。

お客様 お使いの電力 グリーン電力証書 再エネと同等の電力であることをアピールできます

使用電力量(kWh)に対して、グリーン電力証書を充当することで、再エネ由来の電力を使用したこととみなすことができ、CO2削減量として報告することが可能となります。

※当社では電力供給とグリーン電力証書をセットにした「RE100プラン」もご用意しております。またJ-クレジットを活用した排出係数ゼロの電カプランもあります。

購入方法について
(フロー)

最短5営業日

  • 購入量のご連絡

    購入量のご連絡

    削減を希望される電力量の容量をお知らせください(kWh単位となります)

  • お見積

    お見積

    当社からお見積書を提示させていただきます。

最短2営業日

  • ご契約

    ご契約

    お申込書をご提出いただき、ご契約となります。

  • 納品

    納品

    グリーン電力証書を納品させていただきます。

温対法へ活用予定のお客様へ

2018年度の温対法に活用されるお客様は、5月中旬までにご契約が必要となります。ご注意いただきますようお願いいたします。

よくあるご質問

Qグリーン電力証書はどのような会社が発行しているのですか?
A第三者認証機関である一般財団法人日本品質保証機構(JQA)から登録を受けた「証書発行事業者」が発行しています。
Q自然エネルギーの種類は選べるのですか?
Aお選びいただけます。当社では太陽光、風力、小水力、バイオマス、地熱の5種類の電源すべてのグリーン電力認定設備と契約があります。ただし100万kWh以上の電力量のCO2削減(約500トン以上)のために購入される場合、比較的お安くご提供できるバイオマス発電の証書をご提案するケースが多くなっています。
Qグリーン電力証書を充当したい期間を指定することは可能ですか?
A可能です。グリーン電力証書は任意の期間を指定してご購入いただけます。過去の期間に遡ったり、将来の期間のために充当してもよく、融通が利く仕組みと言えます。

まずはご相談から、
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

「フォーム入力が大変」という方は
お電話でもお問い合わせいただけます

03-6279-4567

営業時間
9:00~18:00(土・日・祝日除く)

貴社名

必須

機種依存文字は使用できません。

部署名

必須

機種依存文字は使用できません。

氏名

必須

氏名(カナ)

任意

  • セイ

  • メイ

電話番号

必須

- -

メールアドレス

必須

※いただいたお問い合わせには、メールにてご連絡させていただきます

お問い合わせ内容

必須

個人情報の取り扱いについて

お預かりした個人情報は、不正なアクセス、漏えい、改ざん、滅失、き損等の防止のため、当社の個人情報保護管理規程に基づき、適正な安全管理措置を講じます。 お預かりした個人情報は、当社より資料の送付・営業目的以外には使用いたしません。 お預かりした個人情報は、ご本人の同意がある場合、または法令等により開示を求められた場合を除き、第三者に提供することはありません。 個人情報の取り扱いの全てもしくはその一部の取り扱いを第三者に委託する場合、個人情報の取り扱いにつき、十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、必要かつ適切な監督を実施します。